トップ工事工程別案内 > ベースパック

仮設・基礎工事

ベースパック(他 既製品柱脚・在来アンカー工事)

材工

地震大国日本、
「いつ来るか」の【心配】を
「いつ来ても」の【安心】に

阪神・淡路大震災において「被害0」、優れた耐震性が実証されました。

ベースパック
ベースパックグラウド充填図

保有耐力接合を満足した建設大臣認定工法です

柱脚部が、柱材の全塑性モーメントの1.3倍以上(※)の耐力を有する保有耐力接合を満足しますので、より安全な構造躯体を実現できます。 阪神大震災の被災地域でも、ベースパックの被害はありません。※柱材のF値325N/mm2の場合1.2倍以上

鉄骨建方が容易で作業が安全です

ベースプレートのボルト孔とボルトのクリアランスは15・30mmあり、建方の作業性もよく、従来見られた「台直し」の必要はありません。

工期の短縮とコストダウンが図れます

柱他柱脚工法(根巻型・埋込型)と比較して、基礎工事などの湿式工事と鉄骨建方などの乾式工事が完全に分離されており、工期を大幅に短縮できます。 工期短縮および仮設工事費・人件費等の削減により、トータルコストの低減が図れます。

全国規模で施工体制が整っています

日本各地で施工実績がある当店。施工資格認定者が迅速に対応いたします。

ベースパック ベースパック
建設事務所写真
詳細・メーカーサイトはこちら

岡部(株)

ページトップへ
トップ工事工程別案内 > ベースパック