トップ工事工程別案内 > 異形棒鋼

躯体工事

異形棒鋼

販売

建設工事・土木工事の定番

異形棒鋼は、コンクリートの補強材として開発され、建設工事・土木工事用資材として数多く使用されています。
また、耐食性を高めるため、表面に亜鉛メッキやエポキシ樹脂を塗装したものもあります。

異形棒鋼の特長

異形棒鋼写真
異形棒鋼写真
異形棒鋼写真

付着性が高い

鉄筋の表面に節(軸線に直角または斜めの突起)やリブ(軸線方向の突起)を付けることで
コンクリートの付着性が高まっています。

安定した強度

安定した降伏点と引張り強度を有し、延性、靱性に優れています。

■化学成分
種類の記号 化学成分(%)
C Si Mn P S C+Mn/6
SD295A - - - 0.050以下 0.050以下 -
SD345 0.27以下 0.55以下 1.60以下 0.040以下 0.040以下 0.50以下
SD390 0.29以下 0.55以下 1.80以下 0.040以下 0.040以下 0.55以下
SD490 0.32以下 0.55以下 1.80以下 0.040以下 0.040以下 0.60以下
■標準寸法および単位質量とふしの許容限度
呼び名 単位質量
(kg/m)
公称直径
(mm)
公称断面積
(cm2)
公称周長
(cm)
ふしの許容限度(mm)
ふしの
平均間隔の
最大値
ふしの高さ ふしのすきまの
和の最大値
最小値
最大値
D10 00.560 09.53 00.7133 03.0 06.7 0.4









07.5
D13 00.995 12.70 01.2670 04.0 08.9 0.5 10.0
D16 01.560 15.90 01.9860 05.0 11.1 0.7 12.5
D19 02.250 19.10 02.8650 06.0 13.4 1.0 15.0
D22 03.040 22.20 03.8710 07.0 15.5 1.1 17.5
D25 03.980 25.40 05.0670 08.0 17.8 1.3 20.0
D29 05.040 28.60 06.4240 09.0 20.0 1.4 22.5
D32 06.230 31.80 07.9420 10.0 22.3 1.6 25.0
D35 07.510 34.90 09.5660 11.0 24.4 1.7 27.5
D38 08.950 38.10 11.4000 12.0 26.7 1.9 30.0
D41 10.500 41.30 13.4000 13.0 28.9 2.1 32.5
D51 15.900 50.80 20.2700 16.0 35.6 2.5 40.0

スクラップ買取

鉄・非鉄金属、軽金属並びにその屑の買取もしています。

ページトップへ

トップ工事工程別案内 > 異形棒鋼